だから漫画はやめられない

40過ぎたオッサンが読んだ漫画を晒しつつ、おすすめ漫画を紹介していきます。比較的古めの作品が多いです

最終回はいつになるのだろう???? 「強殖装甲ガイバー」

スポンサーリンク

今日は気分的に、秋田県デーという事で、秋田県出身の漫画家の作品を紹介したいと思います。

メインブログでは、こんなエントリーを書いています。

 

このままでは、秋田県のイメージはカメムシ・アカツツガムシになってしまうのでは?秋田県の良いところを紹介してイメージ挽回 - 鈴木です。

「超神ネイガー」をエントリーの中で紹介させて頂きました。

他に秋田県出身の漫画家の方の作品で昔から好きな作品と言えば、「強殖装甲ガイバー」でした。高屋良樹先生の作品です。

強殖装甲ガイバー(1) (角川コミックス・エース)

強殖装甲ガイバー(1) (角川コミックス・エース)

 

 ガイバーと月刊少年キャプテン

強殖装甲ガイバーは、月刊少年キャプテンで当初は連載されていました。初期のキャプテンは非常に連載が面白く、好きな作家が多かったので、毎月発売されるのを楽しみにしていました。

強殖装甲ガイバーも好きな作品の1つでしたが、最初に読んだ時の感想は

「ちみもりを」の絵、パクってんじゃん!でした。しかし、後で同じ人だとして、納得しました(^^; 個人的には「ちみもりを」先生の初期の読み切りは好きでしたね。スケベで(^^; 小学生にはジャストミート!いやいや、小学生は読んではいけません。

冥王計画ゼオライマー 完全版 (リュウコミックス)

冥王計画ゼオライマー 完全版 (リュウコミックス)

 

 悪の組織と戦うヒーローモノ

強殖装甲ガイバーは、基本的には悪と戦うヒーローモノの漫画です。自分の意思とは関係なく、強殖装甲ガイバーという力を偶然力に入れた事で、悪の組織と戦っていく事になります。

しかし、悪の組織の正体が判明していくにつれて、単純な悪の組織との戦いという事だけでは収まらなくなってきています。悪の組織にありがちなネーミングですが「 十二神将」と呼ばれる悪の組織の幹部たちが個性的でいて、面白いキャラクターだな~と思いましたね。

アニメ化・映画化もされています

この作品、アニメ化も実写映画化もされています。
しかし、実写映画化されたものは・・・・素直に見ない方が良いと思います。

実写映画化、ハリウッドでされているんですよね、一応。

アニメは見ていないので、何とも言えませんが。

今後どうなる?

1985年に連載がスタートして、廃刊・休載等あったりして現在2014年なので29年間も読み続けている漫画です。好きな漫画なので続いて欲しいと思う反面、30年くらいで終わろうよ・・・と思う自分もいます。

この手のジャンルの漫画にしては非常に息の長い漫画だと思います。

変身モノのヒーローが好きなら、是非とも1度は読んで頂きたい作品です。

こういうヒーローモノを読むとドキドキするんですよね。こういう漫画に出会えるから

だから漫画はやめられない!

と思った漫画でした。