だから漫画はやめられない

40過ぎたオッサンが読んだ漫画を晒しつつ、おすすめ漫画を紹介していきます。比較的古めの作品が多いです

ヒーローモノと言えばやっぱりコレ! 「ウイングマン」

スポンサーリンク

小学生~中学生の時に一番はまっていた漫画は何ですか?と聞かれたら、ウイングマンと答えます。

もう30年以上も前の作品ですが、人生で後にも先にもコスプレしたのがウイングマンでしたね。当時、小学6年生。必死になって作りました。

ウイングマン 1 (少年ジャンプコミックス)

ウイングマン 1 (少年ジャンプコミックス)

 

ウイングマンとの出会い

ウイングマンは僕が小学6年の時にジャンプで連載がスタートしました。もう30年以上も前ですね。読むやいなや、ハマりにハマりました。

ジャンプは当時、これを一番先に読んでいました。熱狂的にハマりましたね。昔から実写のヒーロー物が好きだった影響で、まさに中二病まっさかりの年頃で、ウイングマンのチェイングを始め、あらゆるポーズを覚えていましたね。

内容

ノートに書いた事が実現するというドリームノートが異次元の世界で発明され、それを手に入れようとする悪からドリームノートを渡さないため、3次元の世界にある火で燃やすためにやって来たアオイ。そのノートとアオイをたまたま拾ったヒーローを夢見る少年、広野健太がノートに自分で考えたヒーローであるウイングマンを書いた事から始まる物語。

小学生・中学生ながら、アオイと健太と美紅の三角関係はドキドキしましたね。

少しHなところもまた良くて(笑)

作者の桂正和先生

ウイングマンの前に別冊のジャンプで、「夏にすずみ!」という読み切りを読んで可愛い女の子を描く人だな~と思っていて、ウイングマンが連載された時はまさに女性キャラが得意な人だと思いました。それはその後の作品にも受け継がれていっています。

初めてかった同人誌もウイングマンモノだった

人生で同人誌を買った事は1度のみ。それがウイングマンのものでした。
ほ~、これが同人誌と呼ばれるものか・・・と思いました。ただ、あまりレベルの高い同人誌では無かったためか、同人誌はつまらないと小学生の時に思い、それから買う事はやめました。

そんなウイングマンも途中でダレたように思う

ただ、そんなウイングマンも連載の途中で少しダレたように思いました。しかし、最終回に向けてはまさにまたドハマり!

最終回は泣きましたね。本当に。

当時、アオイさんみたいな年上の彼女が欲しいな~と思いましたよ。現実は甘くありませんでしたが(/_;)

アニメ化もされました

アニメ化もされましたが、アニメは・・・今一つハマれなかったですね。
当時は原作を汚された!と思うくらいに原作にはまっていましたからね。

でも、ウイングマンは最高

これを書くにあたり、最終巻を読み直しましたが、やっぱり泣きますね!

ハッピーエンドと言えばハッピーエンドなのですが、悲しい終わり方と言えば悲しい終わり方なんですよね。まるで、アオイさんがメーテル(銀河鉄道999)に思えましたよ。こういう女性をイイ女って言うんだろうな~って子ども心に思いましたね。

そんな切ない思い出を抱かせてくれて

だから漫画はやめられない!

と思った漫画でした。

MANGA REALIZATION ウイングマン -ANIMATION Ver.-

MANGA REALIZATION ウイングマン -ANIMATION Ver.-