だから漫画はやめられない

40過ぎたオッサンが読んだ漫画を晒しつつ、おすすめ漫画を紹介していきます。比較的古めの作品が多いです

淋しい終わり方だけど感動する物語 「さくらんぼシンドローム クピドの悪戯II」

スポンサーリンク

今週は、「年上彼女と年下彼氏」の漫画を紹介しています。

今日、オススメの漫画は「さくらんぼシンドローム クピドの悪戯II」です。

さくらんぼシンドローム 1―クピドの悪戯2 (ヤングサンデーコミックス)

さくらんぼシンドローム 1―クピドの悪戯2 (ヤングサンデーコミックス)

 

さくらんぼシンドローム クピドの悪戯II

主人公は3人、女性2人と男性1名です。

化粧品メーカーに勤める阿川宗則(あがわ むねのり)の元に中高生ぐらいの女の子が突然、キスして欲しいと訪ねてきます。

中高生くらいの女の子 天海玲菜(あまみ れな)は若返ってしまうという難病で大学生だったのに中高生ぐらいにしか見えなくなっていました。

進行性の病気なので、放っておくと消えてなくなる可能性のある病気で、唯一進行を食い止めるのは、特殊な酵素を持っている人の唾液を飲む事。その唾液を持つのが阿川宗則だったという事です。

阿川宗則は会社の上司でもある年上の女性 麻生沙也子(あそう さやこ)と付き合う事になり、3人の奇妙な生活が始まります。

途中、天海玲菜はまた若返り、今度は小学生ぐらいにしか見えなくなります。

小学生にしか見えないのに実は大学生である天海玲菜は、妙な色気を持っているため、そこに目をつけた麻生沙也子が小中学生向けの化粧品のイメージキャラクターとして、CMに出る事になり、凄い人気になります。

しかし、阿川宗則と寄り添って歩いているところを週刊誌に撮られてしまいます。

その週刊誌の記者が新作の化粧品のCM発表会に表れ、嫌な質問をしてきます。

その時のシーンが物凄く良いんです!

さくらんぼシンドローム クピドの悪戯II 9巻より

さくらんぼシンドローム 9―クピドの悪戯2 (ヤングサンデーコミックス)

さくらんぼシンドローム 9―クピドの悪戯2 (ヤングサンデーコミックス)

 

f:id:suzukidesu23:20140910170853j:plain

f:id:suzukidesu23:20140910171033p:plain

このシーンは僕がこの漫画で一番好きなシーンですが、これでハッピーエンドになるほど単純な漫画ではありませんよ。

作者 北崎拓 先生

 以前も北崎拓先生の作品は紹介しています。


かれこれ30年も好きな漫画家です。

特にクピドの悪戯シリーズは本当に好きですね。

本当の愛情を確認する漫画

この漫画を一言で表すとしたら「本当の愛情を確認する漫画」なのかな?なんて思います。

一応、年上彼女と年下彼氏の漫画ではありますが、そこにもう1人絡む事で今までになかった恋愛漫画となっています。

そして最終回、こういう終わり方、凄く好きな作品です。

こういう作品に出会えるから

だから漫画はやめられない!

と思った漫画でした。

さくらんぼシンドローム コミック 1-11巻セット (ヤングサンデーコミックス)

さくらんぼシンドローム コミック 1-11巻セット (ヤングサンデーコミックス)

 

 

スポンサーリンク