読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だから漫画はやめられない

40過ぎたオッサンが読んだ漫画を晒しつつ、おすすめ漫画を紹介していきます。比較的古めの作品が多いです

淋しい心を癒してくれる現代人におすすめの漫画「Papa told me」(パパ トールド ミー) by榛野なな恵

スポンサーリンク

今回紹介するのは、レディースコミックに連載され、今は違う雑誌に不定期連載されている漫画「Papa told me」(パパ トールド ミー)を紹介します。

Papa told me Cocohana ver.1 ?丘は花でいっぱい? (マーガレットコミックスDIGITAL)

Papa told me Cocohana ver.1 ?丘は花でいっぱい? (マーガレットコミックスDIGITAL)

 

Papa told me(パパ トールド ミー)

連載開始は1987年となっており27年も不定期ながら連載が続いている漫画です。

内容は、少しませたガキ 大人びた考え方をする小学生の女の子 的場 知世とその父親との父子家庭を描いた漫画です。

ただ、登場人物が多くレディースコミックに連載されていた事もあり少し疲れた女性が登場して、知世に癒やされていくような感じを描いた話が多いと言えます。

父親の的場 信吉は作家で基本的には家にいるので父と娘の交流がメインとなっています。

ただ、大人びた知世が世の中を鋭く指摘する事が多くある意味風刺的な側面も持ち合わせている漫画です。

作者 榛野なな恵 先生

既に大御所とも言える漫画家だと思いますが、この作品しか読んでいません(^_^;)

卒業式―榛野なな恵作品集 (YOUNG YOU COMICSワイド版)

卒業式―榛野なな恵作品集 (YOUNG YOU COMICSワイド版)

 
パンテオン 1 (クイーンズコミックス)

パンテオン 1 (クイーンズコミックス)

 

 細い線の登場人物を描く印象がありますが、こういう絵も嫌いではありません。

他の作品も一度読んでみたいと思っています。

ドラマ化・国語の教科書にも掲載された作品

これを書くに辺り、少し調べたら、ドラマ化もされていたんですね。しかもNHKで。DVDとかは出ていないようなので残念な気もします。

またWikipediaで知りましたが、ある国語の教科書にも掲載されたそうです。

確かに文学的な意味合いもある作風なので納得です。

いわゆる大人の男性と少女との交流を描いた作品で、ほのぼのとした雰囲気はあるものの、女性視点であり、また風刺的な部分もありどちらかと言えば大人の女性向けの作品だと言えます。

また、父親の的場信吉の妻であり、知世の母親は病死しているのですが、信吉と結婚するまでのドラマが大人向けの内容となっており、小学生以下には少し難しいのでは?と思う部分もあります。

でも、内容的には暗くなりそうなのですが、そこは主人公の知世のキャラクターでほのぼのとした元気になれる展開となっています。

淋しい時、少し癒やされたい時におすすめしたい漫画です。完結したと一部では書かれていますが、実際に連載を読んでいないので解りません(^_^;)

こういう作品に出会えるから

だから漫画はやめられない!

と思った漫画でした。