読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だから漫画はやめられない

40過ぎたオッサンが読んだ漫画を晒しつつ、おすすめ漫画を紹介していきます。比較的古めの作品が多いです

ハードボイルドな探偵漫画!「悔い改めよと叫ぶ声在り」 by神崎将臣

スポンサーリンク

今回、紹介するのはハードボイルドな探偵漫画なのですが、少し路線の違う「悔改めよと叫ぶ声在り」です。

悔い改めよと叫ぶ声在り

悔い改めよと叫ぶ声在り

 

悔い改めよと叫ぶ声在り

連載開始は、2009年で良いのかな?出てこないのでそれくらいかな。

内容は記憶を無くした主人公が新宿で探偵をしており、基本的に仕事の依頼は通称峰不二子という謎の美女から受けているというもの。

基本的に格好わるいけど、格好良いという探偵物でよくある感じの漫画でしたが後半は、記憶を取り戻していき、結末は・・・・

作者 神崎将臣 先生

何回か紹介をしています。


初期の頃の作品が基本的には好きなのですが、最近の作品も嫌いな訳ではありません。ヒーローものを基本的に描く漫画家ですが、その中で葛藤する主人公を描くにあたって、非常に好きな描き方をする漫画家です。

格好良いだけでは無い、善人だけではない、けじめはきっちりと、そんなメッセージが込められています。

人を殺す事で正義と思う風潮のある漫画は正直、好きになれないのですが正義では無いからこそ必要なヒーローを描いているところが好きなんですよね。

HEAT UP!

この「悔い改めよと叫ぶ声在り」の原型は、読み切りで書かれた「HEAT UP!」という作品で、このコミックにも収録されています。

過去の読みきり作品から、予想を裏切る展開をしてくれるのが神崎将臣先生の作品の面白いところなのかもしれません。というよりも綺麗に描こうとしないところが良い言えますね。

綺麗な感動的な内容で終わらせないのが良い漫画です。

あとがきにもその事は記されており編集の人に「もっと希望のある形の終わり方が良いのでは・・・・?」と言われたけど、「高円寺(主人公の名前)だったら自分のケツはこうします」と言って決して希望ある終わり方にしていない点が好感が持てますね。でも、編集に逆らっているから長期連載も少ないのかな?と思いつつ(^_^;)

こういう漫画に出会えるから、

だから漫画はやめられない!

と思った漫画でした。

悔い改めよと叫ぶ声在り

悔い改めよと叫ぶ声在り