読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だから漫画はやめられない

40過ぎたオッサンが読んだ漫画を晒しつつ、おすすめ漫画を紹介していきます。比較的古めの作品が多いです

一番最初にはまったおすすめバイク漫画!「キラーBOY」

06.バイクモノ うすね正俊 【J】ジャンプ
スポンサーリンク

一番最初にドはまりしたバイク漫画と言えば、今回おすすめのバイク漫画「キラーBOY」です。

キラーboy 1 (ジャンプコミックスセレクション)

キラーboy 1 (ジャンプコミックスセレクション)

 
キラーboy 2 (ジャンプコミックスセレクション)

キラーboy 2 (ジャンプコミックスセレクション)

 

キラーBOY

物凄く簡単にストリーを説明すると、天才ライダーとも言える中学生がスランプを乗り越えてレーサーとして今後活躍していくぞ!という話です。

ジャンプで連載されていたのですが、すぐに連載終了となってしまいました。

バイク好きをくすぐる演出が随所に見られた作品なのですが、あまりにもマニアック過ぎて、当時のジャンプの読者層には響かなかったのかな?と思います。

マニアックな点を上げるとSIMPSONというメーカーのヘルメットが出てきたり。

SIMPSONのヘルメットはこの漫画で知りました。ヘルメットなんてAraiとSHOEIしか知りませんでしたからね。小学生の時です。

SIMPSON(シンプソン) DIAMOND BACK マットブラック 58cm

SIMPSON(シンプソン) DIAMOND BACK マットブラック 58cm

 

 SIMPSONのヘルメットファンは多く、僕も欲しい時期があったのですが、高くて買えませんでした(^^;

主人公は普通にAraiのヘルメットでしたが、合戦マーク(刀と刀が交差した絵)が書かれた赤いヘルメットで使っており、このカラーリングが良いな~と思って初めてかったヘリメット(Arai)に同じマークをカッティングシートで作って同じ柄のヘルメットにしていたのは遠い思い出です。

作者 うすね正俊先生

作者は以前も紹介している、うすね正俊 先生です。


メカを書かせたら、そのこだわりは凄く、デビューしたてのキラーBOYでもその片鱗は見えていました。

続編は無理だけど期待してしまう

この漫画が終わって10年ぐらいは続編がファンから期待されていたと思います。僕自信もかなり期待していましたが、もう無理でしょうね。

だって、2ストのバイクのレースそのものが無いのだから(一部を除き)。

やっぱりバイクレース漫画は4ストよりも2ストの方が面白い!と個人的には思っています。

こういうマニアックなバイク漫画がネットでも紹介出来る時代になったのに、2ストは消えていったという悲しみは残りますね。

と書いていて、久しぶりにバイクを買ってツーリングにでも出かけたくなってきました。

こういう作品に出会えるから

だから漫画はやめられない!

と思った漫画でした。

キラーboy 2 (ジャンプコミックスセレクション)

キラーboy 2 (ジャンプコミックスセレクション)

 
キラーboy 1 (ジャンプコミックスセレクション)

キラーboy 1 (ジャンプコミックスセレクション)

 
HYPER BIKE Vol.36 (NEWS mook バイク車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシ)

HYPER BIKE Vol.36 (NEWS mook バイク車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシ)