だから漫画はやめられない

40過ぎたオッサンが読んだ漫画を晒しつつ、おすすめ漫画を紹介していきます。比較的古めの作品が多いです

実は私は・・・・と内容を描いた面白ラブコメディ 「実は私は」 by増田英二

スポンサーリンク

今回、紹介するおすすめの漫画は、実は私の正体は・・・・という内容を描いた面白学園ラブコメディ「実は私は」です。

実は私は(1) (少年チャンピオン・コミックス)

実は私は(1) (少年チャンピオン・コミックス)

 

実は私は

連載開始は2013年でまだ連載されている作品です。

AMAZONのKindleで特価で出ている時に購入してハマって読んでいます。

内容は、タイトルのまま(^_^;)

では意味が解らないのでもう少し細かく書くと、主人公 黒峰 朝陽 は感情を隠せない「アナザル」(アナがあいたザル)とあだ名されるほど隠し事が出来ない性格。

そんな朝陽が、謎の多いクールビューティーの白神 葉子に恋をしてしまう。本人はバレていないと思うけど朝陽の友人にはその事は当然バレバレ。

そんなある日、朝陽は、白神葉子の秘密を知ってしまう。実は白神葉子は吸血鬼だったという事を。

ただし、白神葉子は自分の正体がバレた時、学校をやめて実家に帰らなければいけなかったが、朝陽はその秘密を守る事を決意。そんなこんなでハチャメチャな学園ラブコメディが続いていきます。

でも、その後に「実は私は宇宙人」「実は私は悪魔」「実は私は狼男」「実は私は未来人」「実は私は鈴木です」と実は私は・・・と周りにとんでも無い人外のものがいる事が解っていき・・・

そんな「実は私は」を描いた作品となっています。

作者 増田英二 先生

先日も紹介したばかりです。

先に「実は私は」を読んだ後に「透明人間の作り方」を読むと物凄いギャップを感じると思います。

でも、良い話を描く漫画家だと思いました。

好きなキャラクターは?外道クィーンが良い味出しています。

学園ラブコメディには定番の新聞部の外道な取材をするキャラクターも当然出てきます。自称?外道クィーンは、朝陽の幼なじみの朱美 みかん(あけみ みかん)。

個人的にはこの漫画で一番好きなキャラクターです。いわゆるツンデレ系キャラクターで、この漫画を面白おかしくしてくれています。

変なキャラクターが多いこの漫画、どこか昭和のギャグ漫画を彷彿させる部分もあるのですが、それが平成チックにアレンジされているように思います。

数少ない連載中の作品でKindle版ですが購入を続けている漫画です。

早く新刊出ないかな・・・・

こういう作品に出会えるから

だから漫画はやめられない!

と思った漫画でした。

実は私は コミック 1-8巻セット (少年チャンピオン・コミックス)

実は私は コミック 1-8巻セット (少年チャンピオン・コミックス)

 
実は私は コミック 1-7巻セット (少年チャンピオン・コミックス)

実は私は コミック 1-7巻セット (少年チャンピオン・コミックス)