だから漫画はやめられない

40過ぎたオッサンが読んだ漫画を晒しつつ、おすすめ漫画を紹介していきます。比較的古めの作品が多いです

憧れの山岳ライフ!でも向き合うべき問題もいろいろ描かれた作品 「岳」

スポンサーリンク

今週後半は登山漫画で攻めてみようかな?という事で今回お薦めする漫画は映画化もした人気登山漫画「岳」を紹介します。

岳 (1) (ビッグコミックス)

岳 (1) (ビッグコミックス)

 

岳 ストーリー

海外の山を渡り歩いて日本に戻り北アルプスで山岳救助ボランティアとして活躍する主人公 島崎三歩を描いた作品。

最後はエベレストの単独行を目指し、そこで遭難者の救助の中死んでしまう。

そんな話です。

最終巻以外は本当に山の素晴らしさ、山の厳しさ、山の楽しさを描いています。

この漫画を読むと、ちょっと山行ってくる!と言って出かけたくなります。

この漫画で1つとても知りたい事

この漫画で1つ知りたい事があります。知っている方がいれば教えて下さい。

よく作品中で三歩は露天風呂に入っているのですが、あれどこですかね?架空の温泉なんですかね?

漫画の舞台は北アルプスでも穂高や槍ヶ岳をメインにしているのですが、その辺りであんな山岳の温泉って知らないんですよね。解れば行きたいな~と思って。

北アルプスで冬場~春の残雪時期に入れそうな温泉って、白馬鑓ぐらいだと思うのですが距離がさすがにありすぎて、そこまでは行かないだろうと思うので。

作者 石塚真一先生

石塚真一先生は、岳が初の連載作品。他の漫画はすいません、まだ読んでいません(^^;

親しみやすい絵で、好きな画風です。
ただ、雪山って絵にするのって難しいんですよね。それでいて解りやすく冬山を描いているのは、さすがプロだなと思いました。

映画化もされています。

小栗旬主演で映画化もされています。

岳 -ガク- DVD通常版

岳 -ガク- DVD通常版

 

 これは映画館まで観に行きました。映像的にはかなり綺麗でしたよ。でも、山にそれなりに詳しい人が見ると、あれ?と思うようです。

細かくこだわらなければ、良い映画でした!

個人的に言えば、小栗旬さんはどうしても島崎三歩のイメージでは無いけど。それはそれで違う世界観の映画になっているから良いと思います。

やっぱり山は良い!

この漫画を読むと本当に山に行きたくなりますと先にも書いていますが、何度でも書きます。

本当に山に行きたくなる漫画です。

島崎三歩みたいに山岳で暮らす生活も憧れますよね。実際にはそんな技術も根性も体力もありませんが。

また、山を登る上で考えるべき問題もいろいろと教えてくれる作品です。

こういう作品に出会えるから

だから漫画はやめられない!

と思った漫画でした。

岳 コミック 全18巻完結セット (ビッグ コミックス)

岳 コミック 全18巻完結セット (ビッグ コミックス)

 

 

スポンサーリンク