読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だから漫画はやめられない

40過ぎたオッサンが読んだ漫画を晒しつつ、おすすめ漫画を紹介していきます。比較的古めの作品が多いです

中二病まっさかりだとはまる!「ぼくの地球を守って」

スポンサーリンク

中学の時、先輩(女性から)薦められた漫画に「アクマくんシリーズ」という少女漫画がありました。作者は日渡早紀先生。

アクマくんシリーズ 1 アクマくんにお願い (白泉社文庫)

アクマくんシリーズ 1 アクマくんにお願い (白泉社文庫)

 

 割りと面白くて、これ以前の作品も読む事に。

高校に入り、しばらくして日渡早紀先生が新しい連載を始めた事を知って購入して面白い!と思ったのが今回お薦めの漫画「ぼくの地球を守って」です。

ぼくの地球を守って (第1巻) (白泉社文庫)

ぼくの地球を守って (第1巻) (白泉社文庫)

 

 中二病まっさかりなら、ハマる事間違いない!

 ぼくの地球を守って

内容は、月で地球を観察していた超能力を持つ宇宙人の母星が戦争によって滅びてしまいます。哀しみにくれる中、月基地で伝染病が発生し最終的に全員が死亡します。

その死んだ宇宙人が地球の日本人になって生まれ変わり、前世の記憶を思い出していきます。死んだ時期は比較的同じだったため、1人を除いて高校生として生まれ変わった姿として、出会っていきます。ただし1人だけ小学生。何故彼1人だけが小学生だったのか?!

復讐劇と恋愛とエスパーと学園モノとが入り乱れたストーリーが展開されます。

ってこう書くと意味解らないですね(^^;

とりあえず読んでみてもらえれば解ります!

通称は「ぼくたま」でした。

ショタコンフィーバーのキッカケとなった作品?

主人公の坂口 亜梨子(さかぐち ありす)と小林 輪(こばやし りん)との恋愛話になっていくのですが、亜梨子は高校生、輪は小学生という歳の差カップルになるのでまさにショタコン!という内容なのですが、前世では恋人通しだったので必然的な流れなのですが。

中二病まっさかりの作品

もし、中二病まっさかりなら、自分の前世は宇宙人でエスパーだったと思い込むかもしれません(笑)。実際に当時、この漫画に影響された人が自分は宇宙人で前世の恋人を探していると雑誌に寄稿したという事もあったそうです。

なんか冗談っぽく書いていますが

SFが好きなら楽しく面白く読める作品です。前世という過去に縛られていた事から今の自分こそ大切にすべきという高校生が大人になっていく様を描いています。

続編もあります!

まだ連載されているかは解りませんが続編もあります。

ボクを包む月の光−ぼく地球(タマ)次世代編− 1 (花とゆめコミックス)

ボクを包む月の光−ぼく地球(タマ)次世代編− 1 (花とゆめコミックス)

 

 凄くファンが多かった作品だけに復活を希望する人が多かったのでしょうね。

こういうファンに愛され続ける作品って、素晴らしいですよね。

こういう作品に出会えるから

だから漫画はやめられない!

と思った漫画でした。

ぼくの地球を守って 全21巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]

ぼくの地球を守って 全21巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]